合成ダイヤモンドはラボで作られ、天然ダイヤモンドと実質的に同じ化学組成、結晶構造、物理的特性を持ちます。 偽物ではありませんが、天然でもありません。

婚約指輪では、天然ダイヤモンドが引き続き主流となっています。 しかし、新しい存在が注目を集めようとしています。 これまで産業用途にしか向いていないと考えられていた合成ダイヤモンドが、現在では宝石品質で入手可能なのです。 今日では、婚約指輪や高級ジュエリーにも使用できるサイズとカラーで展開されています。 婚約指輪の選択肢を探すにあたって、合成ダイヤモンドについて学んでおいて損はありません。

合成ダイヤモンドの簡単な歴史

1950年代から産業目的で生産され始めた合成ダイヤモンドは、様々な場で使用されてきました。テレコミュニケーション、レーザー光学、研磨用などです。 1970年にはGeneral Electric(ジェネラル・エレクトリック)の研究者が、ファセットカットが可能な品質とサイズの最初の合成ダイヤモンドを製作しました。

1980年代半ばには、製造業者はカットしてジュエリーに使用できる合成ダイヤモンドの結晶の商業的生産ができるようになりました。 最初はほとんどのものが小さく、イエローでしたが、無色の宝石品質合成ダイヤモンドは数十年にわたって改善が続けられました。 今や合成ダイヤモンドは見た目では天然ダイヤモンドとまったく同じです。

General Electric(ジェネラル・エレクトリック)製の合成ダイヤモンド。 その色とサイズのため、ジュエリーの使用には向いていない。

これがGeneral Electric(ジェネラル・エレクトリック)製の合成ダイヤモンド。 その色とサイズのため、ジュエリーの使用には向いていない。

写真はAlvadoraという、ヴィンテージにヒントを得たリングで、ベゼルセットの中心の宝石を囲むのは豪華で細かなレース状の細工と、輝くメレーによる光輪。

Brilliant Earth(ブリリアント・アース)は、天然か合成か、消費者が自分でダイヤモンドを選べるようにしている。そうして自分だけのリングを作ることができる。 この写真はAlvadoraという、ヴィンテージにヒントを得たリングで、ベゼルセットの中心の宝石を囲むのは豪華で細かなレース状の細工と、輝くメレーによる光輪。 提供: Brilliant Earth(ブリリアント・アース)

細くテーパードされたバゲットカットの合成ダイヤモンドが添えられたエメラルドカットの合成ダイヤモンドリング

ジュエリーデザイナーのScout Mandolinはエメラルドカットの合成ダイヤモンドとスレンダーなテーパード合成ダイヤモンドバゲットを組み合わせ、伝統的なクラシックの、流れのある、エレガントなバージョンを作り上げている。 提供: Scout Mandolin、scoutmandolin.com

ストレートなバゲットカットとバヴェセットされたラウンドブリリアントカットのダイヤモンドが添えられたエメラルドカットのリング。

Scout Mandolinは、彼がデザインしたAllure Emerald Cut (アリュア・エメラルドカット)リングのセンターストーンに、真っ直ぐなバゲット及びパヴェセットのラウンドブリリアントカットダイヤモンドでアクセントをつけている。 提供: Scout Mandolin、scoutmandolin.com

合成ダイヤモンドはどのように作られるか?

天然ダイヤモンドは何十億年という時間をかけて作られますが、合成ダイヤモンドは2種類ある方法のうちのいずれかにより、数週間で成長させることができます。

1. 高圧高温法(HPHT): この方法では、合成ダイヤモンドはラボ内で、天然ダイヤモンドが形成される高圧高温の状態を再現して生成されます。 その結果は特徴ある結晶の形状として現れ、ほとんどの場合、平らな底面に八面体面と六面体面を組み合わせたものとなります。

特徴ある形のHPHT合成ダイヤモンド結晶

HPHT法で生成された合成ダイヤモンド結晶の形状は、天然ダイヤモンド結晶とは明らかに異なる。

8.52カラット [ct] 八面体結晶

この8.52カラット[ct]の結晶は、アフリカの小さな国、レソトで産出された。 天然ダイヤモンドの証拠である八面体をしている。 写真:Robert Weldon/GIA 提供: Fusion Alternatives(フュージョン・オルタナティブズ)

2. 化学蒸着法(CVD): このより新しい方法では、合成ダイヤモンドは適度な温度の超低圧真空装置内で成長します。 CVD法では炭化水素ガス(メタン等)と水素の混合物を加熱して炭素原子を解放し、通常は四角い形の天然ダイヤモンドあるいはほとんどの場合は合成ダイヤモンドの、より温度の低い種結晶基板上にその炭素原子を付着させて生成します。 その結果、四角い平板状の合成ダイヤモンド結晶ができます。

CVD合成ダイヤモンドは、ラボでの成長を示すはっきりした特徴(紫外線蛍光パターン等)を示す。

成長後のままのカットされていないCVD合成ダイヤモンドは、天然ダイヤモンド結晶とは全くもって似ていない。 CVD合成ダイヤモンドには、ラボでの成長を示すはっきりした特徴(紫外線蛍光パターン等)を示すものがある。 ただしほとんどすべての場合において、同定の断定には、適切な設備が整った宝石ラボだけが提供することのできる科学機器と専門知識が必要となる。 写真: Orasa Weldon/GIA

合成ダイヤモンドの色の改変

HPHT合成ダイヤモンドの大半はイエローかブラウンですが、時にはブルーやほぼ無色の結晶も生成されます。 HPHTの工程はまた、イエローを強めたり、あるいは不要な色を大幅に取り除いてDからZのスケールで無色やほぼ無色にあたるダイヤモンドにすることもできます。

ほとんどのHPHT合成ダイヤモンドは、成長後のままの状態では黄色である

ほとんどのHPHT合成ダイヤモンドは生成時はイエローで、成長後の処理を行うことで、色の変更や改良、あるいは除去を行うことができる。 著作権: GIA & Tino Hammid

その他の処理としては、照射と、その後に行うことがある高温加熱が一般的です。 これにより合成ダイヤモンドの色をイエロー、レッド、ピンクまたはグリーンに変えることができます。 天然のイエローレッドピンクグリーンのダイヤモンドは大変高額です。 合成ダイヤモンドはより手に届きやすい代替品を提供してくれます。

合成ダイヤモンドには様々な魅力的な色がある。

合成ダイヤモンドには様々な魅力的な色がある。 ジュエリーにセットされているイエローの石は1.00~1.25ctあり、ラボ成長のルースダイヤモンドはすべて1ct以下。 無色のダイヤモンドの脇石は天然。 写真:(ダイヤモンド)Harold & Erica Van Pelt/GIA 提供:(ジュエリー)Gemesis Corp.(ジェメシス)

HPHT処理が関わる複雑な複数の工程で、ブラウンのラボ生成ダイヤモンドを市場で売れやすい赤い合成ダイヤモンドにすることができます。

合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドのように見えるか?

合成ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドとほぼ同じ物理的及び光学的特性を持っています。 同じように硬く、様々な色と品質が揃っています。 天然ダイヤモンドと同じように、合成ダイヤモンドには優れたカットを施せます。そのため、上質なファイアー、輝き、きらめきが現れますが、それと同時にクオリティの低いカットやその中間もありえます。 すべては合成ダイヤモンドの品質と、カット職人の腕次第なのです。

CVD合成ダイヤモンドには、同品質の天然ダイヤモンドと同等の色と輝きがある。

これらのCVD合成ダイヤモンドには、同品質の天然ダイヤモンドと同等の色と輝きがある。 これらのサイズは0.24ctから0.90ctまである。 写真:Robert Weldon/GIA

合成ダイヤモンドを見分ける方法は?

今日の合成ダイヤモンドの光学的、物理的特性は天然ダイヤモンドとほぼ同じであるため、合成ダイヤモンドを見分けるのは容易ではありません。 最新の検査技術が可能となる機器をそろえた宝石ラボだけが、ダイヤモンドが天然か合成かのはっきりとした決断を下すことができます。

金属インクルージョンは、そのダイヤモンドが合成であることを示す手掛かりとなる場合がある。

金属インクルージョンは、そのダイヤモンドが合成であることを示す手掛かりとなる場合がある。 ここでは20倍の拡大下でいくつかの金属インクルージョンが見られる。 写真: John I. Koivula/GIA

消費者を守り、起こり得る混乱を完全に取り除くため、GIAのラボは天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの2種類のレポートを発行します。 GIA合成ダイヤモンドグレーディングレポートは4Cの評価をすべて行いますが、カラーとクラリティに関する記述は天然と比べてより概略的な内容となります。 また、GIAはすべての合成ダイヤモンドのガードルに“laboratory grown”(「ラボ成長」)の文字とレポート番号をレーザーで刻印します。 レポート自体の体裁も、天然ダイヤモンドのものとは違っています。

GIA合成ダイヤモンドグレーディングレポート

GIA合成ダイヤモンドグレーディングレポート

天然ダイヤモンド用のGIAダイヤモンドグレーディングレポート

天然ダイヤモンド用のGIAダイヤモンドグレーディングレポート

合成ダイヤモンドはどのようにグレードされるか?

合成ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同様の厳格なグレーディングプロセスを受けます。 ただし、カラーとクラリティのスケールの幅はより広くなり、グレードの用語も少なくなります。 これは、GIAが合成ダイヤモンドについて、同じ連続性のあるグレードをまだ見たことがないからです。

GIA合成ダイヤモンドのカラースケールは、5段階あります。カラーレス(無色)、ニアカラーレス(ほぼ無色)、フェイント(微かな色味)、ベリーライト(非常に明るい色味)、ライト(明るい色味)に分かれます。

GIAの合成ダイヤモンドのクラリティグレードは6段階です。フローレス、インターナリーフローレス、ベリーベリースライトリーインクルーデッド、ベリースライトリーインクルーデッド、スライトリーインクルーデッド、インクルーデッドです。

合成ダイヤモンドは良い?

合成ダイヤモンドは、良くも悪くもありません。 ダイヤモンドの購入は完全なる個人の経験です。 永遠の愛のシンボルなのです。 ですから本当の質問は、手に入れる方にとって何が重要かということです。天然あるいは合成ダイヤモンドを購入する際に、この答えこそが購入の決定を導くべきものです。ご自分が違いを理解しているかどうかだけ確かめてください。

10.02ctの無色(Eカラーと同等)、HPHT成長エメラルドカット石は、今日までに報告された中で最大のファセットカットされた合成ダイヤモンド。

合成ダイヤモンドは、数十年前の小さな、産業品質のイエローの結晶から、長い道のりを経てきた。 この10.02ctの無色(Eカラーと同等)、HPHT成長エメラルドカット石は、今日までに報告された中で最大のファセットカットされた合成ダイヤモンド。 写真: Johnny Leung/GIA

婚約指輪の購入をお考えですか。ダイヤモンドの婚約指輪専門用語ガイドをご覧いただき、ジュエラーと有意義な会話を持てるようにお役立てください。