ダイヤモンドの4C – ダイヤモンドのクラリティ

ダイヤモンドのクラリティはインクルージョン(内包物)やブレミッシュ(傷)の有無に拠ります

天然のダイヤモンドは炭素が地球奥深くで非常な高温・高圧にさらされて形成されるものですが、この過程でダイヤモンドの特徴となる内部のさまざまな「インクルージョン(内包物)」や外部の「ブレミッシュ(傷)ブレミッシュ(傷)」が生まれます。

ダイヤモンドのクラリティ評価は、そうした特徴の数・サイズ・レリーフ・性質・位置と、それらがその石の全般的な外観にどう影響しているかを判定して行います。完璧に純粋なダイヤモンドというものは存在しませんが、完璧に近いものほど価値が高くなります。

ダイヤモンドのクラリティ

GIAダイヤモンドグレーディングレポートにおけるクラリティ評価の記載例

Adobe Flash playerをダウンロード


GIAダイヤモンドクラリティスケールは6つのカテゴリーに分かれますが、一部のカテゴリーはさらにサブカテゴリーに分かれるため、合計11段階があります。

  • フローレス (FL)
    10倍の拡大で発見可能なインクルージョンやブレミッシュなし
  • インターナリーフローレス (IF)
    10倍の拡大で発見可能なインクルージョンなし
  • ベリーベリースライトリーインクルーデッド (VVS1および VVS2)
    インクルージョンは非常に微小で、熟練したグレーダーが10倍の拡大で見ても発見が困難
  • ベリースライトリーインクルーデッド (VS1およびVS2)
    インクルージョンは10倍の拡大でかろうじて発見可能、ただし微小
  • スライトリーインクルーデッド (SI1および SI2)
    インクルージョンは10倍の拡大で発見可能
  • インクルーデッド (I1、 I2、 I3)
    インクルージョンは10倍の拡大で容易に発見可能で、透明度やブリリアンスに影響を与える可能性あり

インクルージョンやブレミッシュの多くは非常に微小なため、熟練したダイヤモンドグレーダー以外の人には発見できません。肉眼で見るとVS1と SI2のダイヤモンドは全く同じに見えるかもしれませんが、全般的な品質ではかなりの違いがあります。こうした理由により、ダイヤモンドのクラリティは専門家によって正確に評価してもらうことが非常に重要となります。

GIAクラリティスケールが作られた背景は?
カラースケールと同様、GIAのクラリティグレーディングシステムが開発された背景には、以前、宝石商たちが誤解を招くような用語―たとえば「ルーペクリーン」や「piqué™」など― を使っていたことがありました。今日では、あなたがどこか外国でダイヤモンドを買うとしても、あるいは宝石商の話す言語が英語以外(日本語やフランス語など)でも、VVS1や SI2などの共通の用語が使われることでしょう。

インクルージョンの原因は?
ダイヤモンドの生成時には内部に小さな鉱物の結晶が閉じ込められることがありますが、結晶が成長する過程でその原子構造に不規則性が生じ、インクルージョン(内包物)が生成されます。

ホーム | FAQ | サイトマップ | GIA 4Cブログ | ダイヤモンド専門家へのお問い合わせ | ご意見・ご提案
4Cについて | ダイヤモンドについてさらに詳しく | GIAによるグレーディングとレポート | ダイヤモンド購入ガイド | GIAについて
本サイトをご利用になることは本サイトのご利用条件への同意表明と見なされます。™ 2015 Gemological Institute of America Inc. GIAはアメリカ合衆国国税庁(Internal Revenue Service)規定501(c)(3) によるNPOです。
無断複写・転載を禁じます。
World Headquarters and The Robert Mouawad Campus 5345 Armada Drive, Carlsbad, California 92008 (760) 603-4000