カラーストーンと真珠の分析

カラーストーンの鑑別

Hero_CSReport_1920x1080-01

GIA はダイヤモンドのグレーディングにおける専門性の高さで知られますが、数多くの種類のカラーストーンの鑑別も行っています。 数十年にわたり、GIA は 10 万個以上の様々なカラーストーンに関する情報のデータベースを構築してきました。 そのデータベースと高度な分析ツールを使用して、GIA は宝石を識別し、宝石によっては地理的な起源も特定することができます。 また、合成石、類似石や処理が施された石の鑑別も行っています。 特に重要な検査は、宝石の色が天然か処理された結果であるかどうかを判断することです。

カラーストーンを評価するために GIA が使用するプロセスは、ダイヤモンドグレーディングで使用されるのと同じ鑑別および追跡の手順です。

左:GIA 鑑別レポートでは、石が天然または合成であるかが説明され、宝石の種類が特定され、検出可能な処理がすべて明記される。 またレポートにはカット、形状、重量、寸法、および色に関する詳細な記述があり、検査対象となった宝石の写真が添えられる。 右:GIA 鑑別 および 原産地レポートでは、石が天然または合成であるかが説明され、石の地理的な起源についての見解が示されるとともに石の種類が特定され、検出可能な処理がすべて明記される。 またレポートにはカット、形状、重量、寸法、および色に関する詳細な記述があり、検査対象となった宝石の写真が添えられる。

左:GIA 鑑別レポートでは、石が天然または合成であるかが説明され、宝石の種類が特定され、検出可能な処理がすべて明記される。 またレポートにはカット、形状、重量、寸法、および色に関する詳細な記述があり、検査対象となった宝石の写真が添えられる。 右:GIA 鑑別 および 原産地レポートでは、石が天然または合成であるかが説明され、石の地理的な起源についての見解が示されるとともに石の種類が特定され、検出可能な処理がすべて明記される。 またレポートにはカット、形状、重量、寸法、および色に関する詳細な記述があり、検査対象となった宝石の写真が添えられる。

真珠の分類 および 分析

Image1_PearlReportNatural_1920x1080-01

養殖真珠の発見は 100 年以上に渡り市場に革命をもたらしてきました。そして今や、ジュエリーに用いられる天然真珠は、実質的に養殖真珠にとって代わられました。

天然真珠は、寄生虫のような異物がカキ、淡水産貝または二枚貝など特定の種に入り込んだときに形成されます。 母貝は自らを保護するために、真珠層と呼ばれる液体を分泌し、異物を覆います。 時間が経つにつれて、真珠層の層が天然真珠を形成します。 養殖真珠では、ビーズまたは貝殻の切片を異物として挿入します。

これに対して GIA はダイヤモンドの時と同様に、真珠の品質を評価するための基準を設定しました。 1998 年に開発された GIA の評価システムは、「真珠の 7 つの価値要因(7 Pearl Value Factors)」すなわちサイズ、形、色、光沢、表面の質、真珠層の質、照合に基づいています。

 左:GIA 真珠鑑別レポートは、数量、重量、形、色、起源(天然または養殖、核生成の種類)、母貝(判定可能な場合)、環境(海水または淡水)および検出可能な処理がすべて記載される。 右:GIA 真珠分類レポートには、鑑別レポートのすべての情報の他に、光沢、表面、真珠層の厚さ、照合(該当する場合)の分類が含まれる。

左:GIA 真珠鑑別レポートには、数量、重量、形、色、起源(天然または養殖、核生成の種類)、母貝(判定可能な場合)、環境(海水または淡水)および検出可能な処理がすべて記載される。 右:GIA 真珠分類レポートには、鑑別レポートのすべての情報の他に、光沢、表面、真珠層の厚さ、照合(該当する場合)の分類が含まれる。