合成ダイヤモンド

Hero_Synthetic_Diamond_16-9

ダイヤモンドの希少性と価値を考えると、その美しさを再現する方法を模索する人がいるのも驚くことではありません。 近年では、ラボで製造されたダイヤモンドや合成ダイヤモンドが、より一般的になり、洗練されて見分けがますます困難になっています。

地質学的プロセスによる天然ダイヤモンドの生成とは対照的に、合成ダイヤモンドは技術的なプロセスの結果です。 合成ダイヤモンドには、天然ダイヤモンドと本質的に同じ化学組成、結晶構造、光学的および物理的特性を持ちます。 ほとんどの合成ダイヤモンドは、その製造方法により、高圧高温(HPHT)または化学蒸着(CVD)ダイヤモンドのどちらかに分類されます。 HPHTダイヤモンドおよびCVDダイヤモンドは実質的に天然ダイヤモンドと同一であるため、宝石のラボで分析した場合にのみ違いが明らかになります。

合成ダイヤモンド(左)と天然ダイヤモンド(右)は肉眼では同じように見えます。

合成ダイヤモンド(左)と天然ダイヤモンド(右)は肉眼では同じように見えます。

合成ダイヤモンドが市場で占める割合はわずかですが、普及率は高まっており、また検出もますます困難になってきています。 GIAは、この問題解決の最前線に立ち、市場で混乱が生じないよう、合成石の明確なレポートを提供しています。

GIAダイヤモンドグレーディングレポートは、どのようにダイヤモンドが天然か合成かを知る助けとなりますか?

GIAは、天然かどうかを判断するため、すべてのダイヤモンドの検査を行います。 ダイヤモンドがラボで製造されたものと判明した場合GIAは、合成ダイヤモンドグレーディングレポートを発行します。これは通常のグレーディングレポートとは明確に異なります。 追加の警戒措置として、GIAでは、ダイヤモンドのガードルにレポート番号と、ダイヤモンドがラボで製造されたものであることを記述するレーザー刻印も行います。

-->