合成ダイヤモンドレポート

Hero_SDGR_700x394-01

合成ダイヤモンドには、天然ダイヤモンドからの区別を可能にするいくつかの宝石学的特徴があります。 その特徴とは、カラーゾーニング、暗い金属製のインクルージョン、薄いシミ模様、紫外線蛍光の色や独特の模様などの視覚的な特性です。 合成ダイヤモンドは元々稀少な種のダイヤモンドを体現しているため、宝石学的機器で検出できる別の特徴も備えています。

GIA 合成ダイヤモンドグレーディングレポート

GIA 合成ダイヤモンドグレーディングレポートには、天然ダイヤモンドの GIA ダイヤモンドグレーディングレポートと同様の情報が記載される。ただし、GIA 合成ダイヤモンドスケールが使用され、色とクラリティに関する記述はより一般的な内容となる。

GIA 合成ダイヤモンドグレーディングレポートには、天然ダイヤモンドの GIA ダイヤモンドグレーディングレポートと同様の情報が記載される。ただし、GIA 合成ダイヤモンドスケールが使用され、色とクラリティに関する記述はより一般的な内容となる。

GIA 合成ダイヤモンドグレーディングレポートでは、天然ダイヤモンドの GIA ダイヤモンドグレーディングレポートと同様の情報が提供されますが、色とクラリティに関しての説明はより一般的な内容となります。 さらに石の情報・識別を開示する目的で、合成ダイヤモンドのガードルには、レポート番号およびその石がラボで製造された旨がレーザーで刻印されます。 また、レポート自体の体裁が天然ダイヤモンドのレポートとは明らかに違います。

ラボでは、0.15 カラット以上の無色からほぼ無色の裸石(ルース)の合成ダイヤモンドを対象として、合成ダイヤモンドグレーディングレポートを発行しています。 GIA 合成ダイヤモンドグレーディングレポートは、類似石、セットされた合成ダイヤモンド、またはフラクチャー充填やコーティングなどの不安定な処理が施された石には発行されません。 安定した処理であるレーザードリリングが施された合成ダイヤモンドについては、レポートが発行される場合がありますが、処理内容はレポートに明記されます。

GIA 合成カラーダイヤモンドグレーディングレポート

GIA 合成カラーダイヤモンドグレーディングレポートには、天然ダイヤモンドを対象とする GIA カラーダイヤモンドグレーディングレポートと同様の情報が記載される。ただし、色とクラリティに関する記述はより一般的な内容となる。

GIA 合成カラーダイヤモンドグレーディングレポートには、天然ダイヤモンドを対象とする GIA カラーダイヤモンドグレーディングレポートと同様の情報が記載される。ただし、色とクラリティに関する記述はより一般的な内容となる。

GIA 合成カラーダイヤモンドグレーディングレポートには、天然ダイヤモンドを対象とする GIA カラーダイヤモンドグレーディングレポートと同様の情報が記載されます。ただし、色とクラリティに関する記述はより一般的な内容となります。 さらに石の情報・識別を開示する目的で、合成ダイヤモンドのガードルには、レポート番号およびその石がラボで製造された旨がレーザーで刻印されます。 また、レポート自体の体裁が天然ダイヤモンドのレポートとは明らかに違います。

ラボでは、0.15 カラット以上の無色からほぼ無色の裸石(ルース)の合成カラーダイヤモンドを対象として、合成カラーダイヤモンドグレーディングレポートを発行しています。 GIA 合成カラーダイヤモンドグレーディングレポートは、類似石、セットされた合成ダイヤモンド、またはフラクチャー充填やコーティングなどの不安定な処理が施された石には発行されません。 安定した処理であるレーザードリリングが施された合成ダイヤモンドについては、レポートが発行される場合がありますが、処理内容はレポートに明記されます。

GIA 合成カラーダイヤモンドレポート

GIA 合成カラーダイヤモンドレポートでは、合成カラーダイヤモンドのカラーグレードについて記載される。

GIA 合成カラーダイヤモンドレポートでは、合成カラーダイヤモンドのカラーグレードについて記載されます。 さらに石の情報・識別を開示する目的で、合成ダイヤモンドのガードルには、レポート番号およびその石がラボで製造された旨がレーザーで刻印されます。 また、レポート自体の体裁が天然ダイヤモンドのレポートとは明らかに違います。

このレポートは、セットされたダイヤモンドと裸石(ルース)のどちらも対象とし、石の大きさには規定がありません。 GIA 合成カラーダイヤモンドレポートは、類似石、セットされた合成ダイヤモンド、またはフラクチャー充填やコーティングなどの不安定な処理が施された石には発行されません。