ダイヤモンドの品質を表す4C

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドと、その 4C(カラー、カット、クラリティ、カラット重量)を図式的に記したもの。

美しい。 稀少。 大切。 ダイヤモンドは一つ一つがユニークであり、時間、場所と変化が生み出す奇跡です。 それぞれが特定の品質を備え、価値を体現しています。

20 世紀の半ばまでは、ダイヤモンド評価に関する合意した基準はありませんでした。 そこで GIA は世界で初めて、ダイヤモンドの品質を表現するための基準すなわち 4C(カラークラリティカット
カラット重量)を生み出し、現在ではこの基準が国際的に受け入れられるようになりました。 今では、ダイヤモンドの品質を表す 4C は、世界中であらゆるダイヤモンドの品質を評価することのできる普遍的な方法となっています。 ダイヤモンドの 4C が誕生したことには、非常に重要な点が 2 つあります。1 つめは、ダイヤモンドの品質が世界共通の表現で示されるようになったことです。2 つめは、ダイヤモンドを購入するお客様が、購入する製品に関して正確な知識を持てるようになったということです。

4C とインターナショナル ダイヤモンド グレーディング システム™を開発した GIA は、宝石学の世界的な権威であるだけでなく、公平で客観的な評価を行う機関として世界中の人々に信頼されています。

-->