ダイヤモンドの処理

ダイヤモンド本来の特質を変える処理

GIAの宝石の披露

改変処理は カラークラリティ(透明度)の改善を可能にする一方、そのような改変処理の存在は、特に処理後の外観が価格に反映される場合、ダイヤモンドの価値に影響を及ぼす可能性があります。

ダイヤモンドの買い手には、購入する石が天然石であるか、あるいは類似石や合成石であるか、および外観の改変処理の有無について確実に知る権利があります。

カラーのエンハンスメント

このような処理が施されたダイヤモンドはあまり市場では見かけられませんが、GIAはグレーディングを行うすべてのダイヤモンドについてその有無を検査します。

コーティングとは、超薄層の化学薬品またはプラスチックでダイヤモンドの望ましくない色を覆い、カラーを改変する処理のことです。 また、ダイヤモンド類似石の表面に合成ダイヤモンドの薄い膜を被せ、本物のダイヤモンドの特徴をある程度もたせるという方法もあります。

HPHTとは高圧高温のことで、 これを用いた処理は一部のダイヤモンドのカラーを無色、ピンク、ブルー、グリーン、イエローがかったグリーン、イエローなどに改変するための効果的な手法となっています。 設備の整ったグレーディングラボ以外では、このような処理を検出することは事実上不可能です。

色を抜くためのHPHTアニーリング処理前後の、6.61ctのダイヤモンド。 左:アニーリング前のファンシーイエローブラウン、 右:アニーリング後、 「L」カラー(かすかなイエロー)。

色を抜くためのHPHTアニーリング処理前後の、6.61ctのダイヤモンド。 左:アニーリング前のファンシーイエローブラウン、 右:アニーリング後、 「L」カラー(かすかなイエロー)。

クラリティのエンハンスメント

ダイヤモンドのクラリティを改善するための方法には、主としてレーザードリリングとフラクチャー充填の二つがあります。

レーザードリリングは通常、小さくて色の濃い内包物を除去するために用いられます。 レーザーでダイヤモンド内部に小さな穴を開け、内包物を焼灼するか、溝を掘ってそこに漂白剤を流し込み、内包物の外観を改善します。

レーザードリルで内包物が除去されている3.28ctのラウンドブリリアントカットのダイヤモンド(63倍率で表示)。

レーザードリルで内包物が除去されている3.28ctのラウンドブリリアントカットのダイヤモンド(63倍率で表示)。

フラクチャー充填はダイヤモンド内の「フェザー」と呼ばれる白いフラクチャーを隠すための処理であり、ガラス状の物質をフラクチャー内に注入し、より見えにくくすることによって見た目のクラリティを改善します。 ただし、充填物は通常のクリーニングや修理中に損傷または除去されることがあるため、この技法については賛否両論の意見があります。 精巧なフラクチャー充填は非常に微細なため、その識別には熟練したダイヤモンドグレーダーによる検査が必要となります。

GIAダイヤモンドグレーディングレポートは、ダイヤモンドに処理が施されたかどうか識別するのにどのように役立ちますか?

GIAは、コーティングやフラクチャー充填のような一時的または不安定とされる処理が施されたダイヤモンドについては一切グレーディングレポートを発行しません。

GIAは、レーザードリリングまたはHPHT処理の施されたダイヤモンドについてはレポートを発行しますが、その場合、これらの処理の存在がレポートに明記されます。 さらなる予防策として、色の処理の施されたダイヤモンドのガードルにはその旨を示すレーザー刻印が施されます。