ダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのカラーは、実際は色の欠如を意味します

Hero_Color_8000x4500

ほとんどの宝石品質のダイヤモンドの色評価は、無色が基準となります。 化学的に純粋かつ構造上完璧なダイヤモンドには、不純物のない水のしずくのように色相が存在せず、その結果高い価値を持つことになります。 GIAのDからZのダイヤモンドカラーグレーディングシステムでは、ダイヤモンドを制御された照明下と精確な観察条件下でマスターストーンと比較することにより、どの程度無色かを測定します。

これらの色の違いは多くの場合たいへん微妙で、素人の目には見えませんが、こうした差異は、ダイヤモンドの品質と価格に非常に大きな違いを生みます。

この短いビデオでは、GIAカラースケールと、GIAスケールのカラーグレードを表すマスターストーンとの比較によってダイヤモンドをDからZのグレードに分類する方法について説明します。

 

GIAのDからZまでのカラーグレーディングシステムがDから始まる理由は?

GIAがDからZのカラーグレーディングスケールを一般化する前は、あらゆるシステムが大まかに使用されていました。明確な定義のないA、B、Cによる分類、アラビア数字(0、1、2、3)やローマ数字(I、II、III)、「宝石のブルー」、「ブルーホワイト」などの記述的な用語などです。これらは誤解を生むとして、評判が芳しくありませんでした。 そのため、GIAカラースケールの策定者は、以前のシステムとは関連のないものを新たに作成したいと考えました。 そのため、GIAスケールはDから始まります。他のグレーディングシステムに依然として固執する人は非常に少数です。GIAスケールほどの明確さを持ち、一般的に受け入れられているシステムは他にありません。

Zにグレードされたダイヤモンドは、ファンシーカラーと見なされますか?

いいえ。 通常のカラーの範囲外で自然に着色されたダイヤモンドは、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれています。 FTCは、米国における「ファンシーカラー」という用語使用のためのガイドラインは提供していません。しかし国際貿易における一般的な合意としては、ファンシーカラーダイヤモンドは、黄色または茶色のダイヤモンドでZのマスターストーンよりも色があるもの、または、黄色や茶色以外の色を呈しているものとなっています。

-->