ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドのカットが、その光を最大限に引き出します

Hero_Cut_5000x2813

ダイヤモンドは、光と輝きを強く放つことで知られています。 ダイヤモンドのカットは、形状(ラウンド、ハート、楕円形、マーキス、ペア)のことだと思われていることがよくありますが、ダイヤモンドのカットグレードは、ダイヤモンドのファセットが光といかに良い相互作用を持つかを評価するものです。

石のバランス、対称性および研磨がダイヤモンドでのみ可能な光の見事な反射を生みます。そのため、正確な芸術的手腕と細工が石を形づくるために必要とされます。

ダイヤモンドのカットは、石の最終的な美しさと価値にとって極めて重要です。 そしてダイヤモンドの4Cのうち、カットが最も複雑で、分析も技術的に困難です。

標準ラウンドブリリアントダイヤモンド(ダイヤモンドジュエリーの大部分を占める形状)のカットグレードを決めるために、GIAではダイヤモンドのフェースアップの外観に影響を与えるこれらのファセットの割合を計算します。 次のような望ましい視覚効果を生むために、ダイヤモンドが光とどううまく相互に作用するかを、GIAがこれらの割合によって評価することができます。

  • 輝き/明るさ:ダイヤモンドから反射される内部および外部の白色光
  • ファイアー:虹のすべての色を見せる白色光の分散
  • シンチレーション:ダイヤモンドが生成する輝きの量、およびダイヤモンド内の反射が生み出す光と暗い領域のパターン

この短いビデオでは、GIAのカットスケールと、GIAが「エクセレント(Excellent)」から「プア―(Poor)」までのカットグレードを使用してどのようにラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを分類するかを説明しています。この分類は、ダイヤモンドのプロポーション、キューレットサイズ、ガードルの厚さ、ポリッシュやシンメトリーの描写など、広範なパラメータを織り込むことによって行います。

GIAのダイヤモンドのカットグレードでは、デザインと職人の技術も考慮されます。これには、直径に対する重量、ガードルの厚さ(耐久性に影響)、ファセットの配置のシンメトリー、ファセットのポリッシュの品質などもが含まれます。

DからZのカラー範囲に入る、標準的なラウンドブリリアントのカットのダイヤモンドに対するGIAカットスケールには、 Excellent(エクセレント)からPoor(プアー)までの5つのグレードがあります。

パビリオンの深さは、どのようにダイヤモンドのカットに影響しますか?

パビリオンの深さとはガードルの底部からキューレットまでの長さを指し、 パビリオンの深さが浅すぎる、または深すぎる場合、光が石の側面から逃げたり、下部から漏れたりしてしまいます。 カットの良いダイヤモンドにおいては、より多くの光がクラウンを通過します。

-->